Garmin

vivoactive3からInstinctに乗り換え。GarminConnectのデータはどうなる?

vivoactive3とInstinctアップロード後

どうも、Garmin大好きpapafun(パパファン)です。

先日1年使ったvivoactive3のバッテリーの消耗が激しくなってきたので、新しくGarminのスマートウォッチ【Instinct】のカラー:レークサイドブルーを購入しました。

vivoactive3と比べるとちょっとゴツめですね。

vivoactive3とInstinctの簡単な相違点をあげるとすれば・・・Instinctは

  • 白黒表示
  • バッテリーの持ちが2倍(スマートモードの場合)
  • 非タッチパネル
  • 操作ボタンが多い
  • ベルトを外す治具が必要

細かい点を抜きにすると、こんな感じでしょうか。

前述したゴツさに関しては、時計の厚みが違うせいなのか余計にゴツく感じます。

vivoactive3とInstinct厚みの違い

GarminConnectのデータはどうなってしまうのか?

結論から先に言うと、データは残っているので安心して次のGarminデバイスを買って大丈夫です。

ちなみに下の写真はステップ数を表示している状態をとったものです。寝ているとき~出勤するまで、Instinct(右側)を着用。出勤からvivoactive3(左側)を着用し帰宅後に写真を撮りました。

今回は勤務中に良く歩いたので、vivoactive3では14113歩(目標は画面下に表示されている9670歩)動きました。

起きてから出勤するまでの間にInstinctでは252歩に動いたことになっています。

vivoactive3とInstinctアップロード前

この状態から、GarminConnectにBluetoothを使ってデータをスマホのアプリにアップロードすると、どのように変化するのかが下の画像になります。

アップロード完了、数分後にステップ数が14298歩で統一されました。

vivoactive3とInstinctアップロード後

Instinctの252歩とvivoactive3の14113歩を足して、14298歩・・・

あれ、計算がおかしい。本来ならば14365歩となるはずでは??その誤差67歩減っています。

Garminからもっと動け!move!move!と言われているようです。

許容できる誤差がよりGarminを好きになります。

papafun
その誤差が愛くるしい

下の画像はGarminConnectアプリ、スマホでのステップ数画面です。14298歩となっていますね!

GarminConnectのステップ画面

最後に

ココがポイント

こんな使い方が出来る!仕事はvivoactive3。遊びはInstinct。

せっかく溜めたデータが消えてしまうとやる気も低下したりしませんか?

GarminConnectではデータをアップロードすれば、データはちゃんと残るので、ログが蓄積されていきます。

ライフログでもアクティブログでも溜まったデータを見返すことは、自分の成長や記録を振り返ることが出来るので楽しいものです。

新しいGarminデバイスが来たら、その日から引き継ぎOK。

気分に合わせてGarminデバイスを変えてもOK。

私は最近バスケットにハマりだし、出来ればバスケット中もスマートウォッチをつけながら、ステップ数や消費カロリーを積み上げていきたいと思ったりしています。

しかしあのバスケットボールの激しい運動の中でスマートウォッチをつけていると、相手をキズづけてしまう可能性があるんですよね・・・。

なので今は、Garminからも販売されているリストバンド型デバイス購入を検討しています。

日常使いはInstinct。バスケットの時はリストバンド型。仕事の時はスマートなvivoactive3を使いたいところですが、vivoactive3は1年使用してバッテリーの持ちが悪くなってしまったので考え中・・・。そうゆう使い分けが出来るのも嬉しいポイントです。

 

-Garmin
-

Copyright© papa is Fun , 2020 All Rights Reserved.