マイホーム

こんなにも違う?都市ガスとプロパンガスの料金比較、我が家の実例を紹介

日々の生活費はなるべく抑えたいもの。

都市ガス料金を知ると、プロパンガスが高く感じてしまいます。ガス業者によって基本料金と単価は違うものの、都市ガスとプロパンガスではその料金の差は歴然です。

ちりも積もれば・・・

毎月支払うものだからこそ、抑えられる出費は抑えたい。

以降は、我が家の実例を元に紹介します。

家族構成とガス使用箇所

大人2人・子供3人

ガスコンロを使用。

お風呂はガスを使用。浴槽は二日にいっぺん入れ替え。

都市ガスとプロパンガスの料金比較

都市ガス料金(筆者の住む地域)

適用区分(㎥) 基本料金(円/㎥) 単価料金(円/㎥)
0~25 561.60 84.8340
26~250 567.00 84.6072
251~ 599.00 84.4776

点の位置を注目してもらいたい。

単価84円って安すぎませんか?

プロパンガス料金(筆者の住む近隣地域)

こちらのサイトよりLPガスの平均料金を算出 >>>>>  町のガス屋さん

すると、

基本料金が約1,800円で単価が約480円でした。

冬場のガス使用量を比較【実例】

1月の寒い時期に使用したガス使用量は107㎥でした。

これを都市ガス(私の住む地域)で計算すると、9,619

プロパンガスに換算すると、53,160

その差額43,541

ここで一つの疑問が起きませんか?ガス使いすぎじゃね?と。

勘のするどい人はお気づきのことでしょう。そう、ガス使いすぎです。

冬場にガスをたくさん使う理由

我が家ではガスファンヒーターを使っています。ガスファンヒータは本当に便利です。部屋はすぐに暖まるし、灯油の補充も必要ない。寒空の下、外に灯油を取りに行かなくていいんです。

灯油補充の押し付け合いをしなくて済むんです。

まじ最高。

もう一回言いますよ。まじ最高。

冬場朝の、部屋の温度は低いときで5℃くらいまで下がっています。朝起きてすぐにガスファンヒーターをつけて、設定温度20℃で寝室に移動する前まで稼働しています。

日中暖かければ止めておきますが、大体一日12時間くらいは使用していると思います。

なので冬場のガスの使用量はとんでもないことになっています。

その代わり、冬場は一切エアコンも使わないし、石油ストーブも使いません。

ガスの基本料金と単価が安いため、ガスファンヒーターだけ使います。

これがプロパンガスとなると、ゾッとするし、おそらくガスファンヒーターの使用は止めますね。

まとめ

住む場所を決めるとき、色々な指標があるとは思いますが、光熱費を減らすことが出来れば、その分、貯蓄に回したり、時には外食で贅沢したりとお金の選択肢が増えますね。

都市ガスは安い。

これだけは覚えて帰って下さい。

-マイホーム
-

Copyright© papa is Fun , 2020 All Rights Reserved.