伝えたい事 子育て

夫婦円満のコツは?誠実な関心を持つことがとても大事

付き合いが長くなると会話も減りがち。

そして「あ」といえば「うん」と答えて欲しいややこしさ。この先に円満という形は存在するのでしょうか?

かくいう私も、子どもが出来てからは、より妻との会話の回数が減った・・・というよりも妻の言葉にリアクションしなくなってしまいました。

「腰が痛い・・・」

「・・・」

冷静に考えるとさすがにダメだろって思います。

私の脳内では何が起こっているのでしょうか?覗いてみましょう。

 

腰が痛いという妻に思うこと

子どもが産まれてからというもの、妻の口癖となってしまったのか、よく「腰が痛い」と言っています。

最初は「大丈夫?」と声をかけていたものの、段々とその会話もなくなり、

「腰が痛い」という言葉だけが一人歩きするようになってしまいました。

そんな妻に対して、こう思います。

もっと散歩に出かけたりして体を動かした方がいいよ。若いときに比べて筋力も低下しているし、腰周りに負担が来ているんだよ。と。

でもコレをそのまま妻に伝えてもきっと

「それは分かっている・・・」

と半ギレされてお終いという未来が見えてしかたがありません。

その結果「・・・」だんまりを決め込み、または聞こえないフリをしてしまっているのです。

その循環の先に会話が続かないという結末が待っています。

妻に話し掛けられても子どもに夢中

女性は子どもが出来ると、当然ながら子どもへの関心が増し、夫との関係が以前よりも冷めてしまう、という人も多いのではないでしょうか?

男性は都合のいい生き物です。

相手にして欲しい時に妻に甘え、それ以外のときは子どもに甘えます。

日中仕事に出て、帰宅すると小さな子ども達が迎えてくれます。なにより落ち着く瞬間でもあります。子ども達がパパに話し掛けてくるし、妻も今日の出来事なんかを話してきてくれますが、同時には聞き取れません。

その結果、妻の話を、話半分で聞いていることとなり、後で言った言わなかったのプチ喧嘩に発展したりします。

夫婦間における誠実な関心とは

鋭い方はお気づきでしょう。

人は誠実な関心が自分に向けられたとき、自分の内側を見せてくれるものです。私はあなたの話をちゃんと聞いています、という姿勢が大事です。そして相手にもそう感じてもらうことがとても大事です。

自分だけがちゃんと聞いてます(風)じゃダメなんです。

きちんと反応してあげる。

「あ」「うん」じゃ全然伝わりませんよ。

最後に

とか言いながら自分に言ってます。

自戒です。

振り返ってみると冷たい夫だと思います。会話の幅が狭く、反応も薄い。髪の方も徐々に薄くなってきたし。

妻を想う、そして子どもを想う。

親が離婚をして、そうゆう家庭で育ったからこそ、結婚に思い入れがあり、離婚はしたくないと思ってる。

でもそれは独りよがりで、妻に離婚したいと思わせてしまったら、すべての原因は自分にある。

初心を忘れず、妻を大事していきます。

-伝えたい事, 子育て
-,

Copyright© papa is Fun , 2020 All Rights Reserved.