反省 子育て

うちの子だけ?秒で散らかる我が家とその解決策の糸口は

好奇心に任せて、親に怒られようが何されようが、部屋を散らかす子供たち。

毎日毎日「なんで同じことを繰り返すのだろうか・・・」

「うちの子だけ?」

と心配になります。そして自分の子育てのやり方に自信を無くします。

叱ってもらいたいのか?怒ってもらいたいのか?それとももっと僕を見て欲しいと訴えているのか?

そんなことを考える前に私たちは、頭に血が上ってつい考えるよりも先に、口走ってしまう。

「コラッ!」「いい加減にしなさい!」

おもちゃに囲まれた我が家では、秒で家の中が散らかります。

 

子育て歴3年、過去を振り返る、我が家の過ち

沢山のモノを与えすぎてしまったということ。

第一子が生まれてからというもの、玉のように大切に、そいておおいに甘やかして育てました。

それは桃太郎のように、ガラス細工を扱うように丁寧に丁寧に育てました。

親が勝手にコレが欲しいだろうというモノを買い与え、そして興味を示したものも買い与え、祖父祖母が孫を甘やかします。

その結果、家の中にモノが溢れました。

お金も散財しました。

ガチャガチャで、こんなんいる?っていうものも沢山あります。小さく細かな部品が、箱の下に眠っています。

可愛いからといって何でもかんでも買い与えるのは「毒」です。

時には我慢も必要です。

なかにはお片付けが上手にできる子もいます。お外では出来るけど、家の中では出来ない子もいます。

うちの子は後者に近いです。

おもちゃの散乱、片付けの苦労を減らすためには

おもちゃを買わない

モノが無ければ、散らかることもありません。ミニマリストを推奨いたします。

しかし、おもちゃがなければ、別のものに興味を示すのが子供というもの。

おむつに、ハンカチに、ティッシュに、子供服、つかめるモノなら何でも。

おもちゃで五感に刺激を与えて、成長を促進する効果もあるので、与えるなら成長につながるものをチョイスしたいですね。

片付ける習慣を身につける

要は教育です。

夫も妻も教育です。大人になっても出来ないことは教育です。

そして夫である私は、洋式トイレは小でも便座に座ってするということを、妻に教育されました。

子供も同じように、繰り返し繰り返し教育するしか、道は開けません。

出来る日もあれば、出来ない日もあります。

正直子供に身につくまで親は苦労の連続です。言っても聞かない場合もあります。

親は、一喜一憂に酔いしれます。子供の成長をとくと感じてください。

家の中以外の時間を多くとる

お散歩に出かけたり、お庭で遊ばせたり、おもちゃとは別のものに興味を持たせるということです。

荒技として、友達の家で遊ぶという手がありますが、毎回お邪魔して散らかして帰るのは、関係にヒビが入るのでやめましょう。

また、家の中は散らからなくなったけど、洗濯物が増えるという可能性があることをお忘れなく。

好きなTVを見せて静かにさせておく

子供の集中力、没入力というものは目を見はるモノがあります。

何かに、集中しているときは話かけに応じません。

目の前のものに没入しています。

我が家では、結構使う手です。特にNHKの子供番組にはとてもお世話になっています。

見過ぎも脳に悪影響だけど、主婦も暇ではありません。

洗濯・掃除・家事にやることがないわって日はありません。

有効に使えるモノは使って、自分時間を確保しましょう。

夫だって使えるモノですよ?

親と一緒のことをさせてみる

何にでも興味をもつ子供。

それは子供の成長を見ていれば分かります。なぜ出来るようになったのか、その原点は?という視点です。

その答えは親の行動です。テレビの音量の変え方、チャンネルの変え方、電気の付け方、トイレの流し方。

いつの間にかに覚えます。

嬉しいこと、楽しいこと、やったら怒られること、面白いこと、嫌いなこと。

小さな体で経験して覚えます。

だから、親がやっていることに自然に興味を示します。

一緒にご飯をつくってみたり、掃除をしてみたり、洗濯ものをたたんでみたり。

時間に余裕をとって、一緒にやってみるという選択肢はアリですよ。

最近我が家では風呂掃除は、3歳になる長男と一緒にやるのが慣例となりました。

散らかしていても、雑念を捨てよ

モノが散乱していようが、何しようが心を無にして、ニコニコ笑います。

おもちゃで遊んでいて親が思うことは、このまま散らかれば私が片付けるハメになるんだから、できる限り最小限で遊んで欲しいという雑念です。

その雑念を捨てましょう。

ゴミ箱にさっさと捨てるのです。

先回りの心理が子供の自由を奪います。

この先に起きる未来が分かってしまうから、今に制限をかけてしまうんです。

もし、このリミッターが外せたなら、私はいつもニコニコとしていられる。そう思ってはいるのですが、すぐに私の中の修羅がこんにちわします。

勇気あるママさんパパさんは、是非このリミッター解除に挑戦してみてください。

まとめ

家の中のものをスリム化すれば、片付けも簡単ですし、散乱も軽傷で済みます。

でも、増えすぎたおもちゃの整理は難しいもの。

そこで教育するのです。それは何度も何度も、親が心折れそうになっても。勝手に出来るようになることはありません。

出来るようになるには、何かきっかけとなるものがあります。

そのきっかけを作り、その継続力で見事に片付けが出来るようになれば、子供の成長を素直に喜びましょう。

それでも難しい場合は、完璧を求めず、片付けのハードルを下げることです。

3割くらいは散らかっていてもいいかな。

いずれ出来るようになるさ。

と気持ちを切り替えるのも手でしょう。

子育て中の完璧はあり得ません。あったとしても認めたくありません。我が家が完璧ではないから。

それでも楽しく子育てが出来ているのは、ハードルを下げることで、怒りの沸点を高めているからです。

子供は親をよく観察していますよ?

もっと笑顔で、完璧を目指さず、肩肘はらずとも子は育ちます。他人と比較せず、各々の子育てを楽しみましょう!

 

-反省, 子育て
-,

Copyright© papa is Fun , 2020 All Rights Reserved.