子育て

ナイキのダイナモフリー!足運びのサポートに購入レビュー

ショッピングに出掛けると、子供の靴は何を履かせているのだろうと、思わず足下を見てしまいます。

履いている靴を気にする理由それはなにか。子供の足にとって良い靴を履かせてあげたいという親心です。機能性がよくてあわよくばデザインもいい。そんなズルい靴を探しています。

我が家では子供にナイキのダイナモフリーを履かせているせいもあってか、体感ですが、1人歩きが出来る月齢~小学生に上がる前くらいの子供には、ナイキダイナモフリーを履かせている親も多いなと感じます。

カラーバス効果ってやつかも。

ダイナモフリーの特徴としてスリップオンスタイルの履きやすさと、ストレッチ素材による適度なホールド感があります。

靴紐もないので、まだ靴ひもを結ぶことが出来ない歩きたての小さなお子さんでも大丈夫だし、結ぶのが苦手な子供にストレスを与えません。

そんなナイキダイナモーフリーの魅力をご紹介します。

シューズサイズが合ってないといけない理由

まずは足に合ったシューズをはかないといけない理由はなんなのか。

私が幼かったころはナイキ(細み)は足に合わないと言われて育ちました。本当にそうなんでしょうか。実際には足の形は人それぞれ違い、日本人だからといって甲高・幅広と単純に表現出来ないそうです。

サイズが合わない靴を履いていると、子供の柔らかい足が変形し、歩き方に影響をおよぼす可能性があります。

サイズが小さいと

母趾球へに荷重がかかり、母趾に負担がかかります

サイズが大きいと

靴の中で足が動き、正しい歩き方が出来ません。歩くたびにかかとがあがってしまい不自然な歩き方になります。

可能なら両足とも試し履きして、歩かせてみるといいです。そこで痛がっているようだとやめておいた方が無難です。

こちらの記事が参考になります。ASICS_よくない靴を履いていると?

ナイキダイナモフリーのコンセプト

ナイキ公式サイトに書かれている内容ですが、まずはこちらのコンセプトをざっと読んで欲しいです。

毎日履けるスリップオンスタイル

ナイキ ダイナモ フリー ベビー&キッズシューズは、遊び場などの場所で、キッズアスリートに快適でサポート力のある履き心地を提供します。

特長

  • 耐久性に優れた合成皮革とテキスタイルのアッパーが快適な履き心地を提供
  • 柔らかいオーバーレイで安定性を確保
  • スリップオンでフィットし、容易な着脱が可能
  • Phylonフォームソールで軽量のクッショニングを実現
  • フレックスグルーブ (アウトソールやミッドソールにある溝) が自然な動きをサポート

NIKE FREEの原点

Nikeの最も革新的かつクリエイティブな3人の従業員は、スタンフォード大学の選手たちが大学のゴルフコースにおいて裸足でトレーニングをしていることを知り、裸足のように自然で軽やかな履き心地を備えたシューズの開発に取りかかりました。チームは、8年の歳月をかけて、ランナーの足の動きの生体力学について研究を進め、 足の自然な着地角度、圧力、つま先の位置について徹底的に究明。これにより、Nikeのデザイナーは、かつてない柔軟性を備えたランニングシューズの開発に成功しました。

引用:【NIKE公式】ダイナモ

子供の靴選びって以外と神経を使います。

子供の成長は早いので、足もどんどん大きくなります。大人と違って、履きツブれるまで同じシューズを履き続ける事が出来ません。

気が付かない間に、シューズのつま先に余裕がなくなり、もう替え時・・・ってな感じで、1年も持たないってことも多くあります。

だからと言って、足の形に合わなかったり、靴底の薄いものを履かせるのもなんだか気が引けます。

できる限り、子供の足の成長を邪魔せず、かつ子供の歩行動作をサポートするものであって欲しいと思います。

年齢別の足の平均サイズ目安

年齢 靴のサイズ (cm)
新生児~ 8~11
~6か月 9~12
~1歳 11~13
~2歳 12~14
~3歳 13~15

生まれてから3年も経過すると、足の大きさが最大で倍になる可能性もあるんですね。すごい!

あくまで平均目安なので、購入の歳は気をつけて下さいね。

より正確にシューズサイズを把握するために

子供の足は半年で0.5cm程度、大きくなるそうです。それ以上に大きくなる子もいるし、そうでない子もいますのでご参考までに。

実際に買うときにナイキのサイズ表記ってcmじゃないから分からない・・・っていう人の為に、ナイキサイズ表を参考にして下さい。

かかとからつま先までの長さの測り方も書いてあります。

かかとからつま先までの長さ(cm) サイズ(cm) US EU UK
15.9 15 9C 26 8.5

サイズは6cm~16cmまでがベビーサイズ、16.5cm~22cmがリトルキッズとして販売されています。

自宅で足のサイズを測るフットメジャーというものがあります。デザインも優しくて可愛いです。

ダイナモフリーの特徴

スリップオンスタイル=着脱性◎

履きやすいことに越したことはありません。

子供も最初のうちは、1人で靴を上手に履けないし、履けないことにイライラして、靴を履くことを諦める子供もいるでしょう。

うちの子がそうでした。

やがて、靴を履くことに苦手意識をもってしまい、自ら履かなくなることもあるかもしれません。

だからできる限り、履きやすい靴を選んであげることが重要でもあります。

ただし、履きやすいからといってサンダルなどの、かかとがないものはNGです。

伸縮性の高い素材

伸縮性に優れる素材の靴は、足によくフィットし、成長の妨げになりにくく、よく動く子供にとってストレスフリーです。

かかとを守ってくれる

キッズシューズで気にして欲しいのは、かかとの骨の成長を妨げないもの。適度にホールドしてくれる靴の方がよいでしょう。

その点、ダイナモフリーはかかとを適度にホールドしてくれます。

ユニセックスなデザイン

カラーバリエーションが豊富なので、男の子も女の子もお好みのカラーが見つかります。

ダイナモフリーが教えてくれること

それはスムーズな足運びです。

アウトソールが適度にカーブしているので、かかとで着地し、つま先で蹴りだす動作をサポートしてくれます。

大人は自然にできる動きですが、よちよち歩きの始まった年齢の子は出来ていない歩き方です。

上手な足運びができないと、転ぶ原因になったりします。

ダイナモフリーに期待すること

運動の上手な子になってほしい。

足の速い子になってほしい。

親の期待は尽きません。もちろん元気に健康に育っていってくれる事を前提としています。なにか得意なことがあれば自信につながり、コミュニケーションの手助けをしてくれる。

足が速くて困っているんです。って聞いたことがありません。親が追うのに大変なくらい?(笑)

そんな想いを込めてダイナモフリーを履かせています。

実際に2歳の時から1年以上、今は2足目を履かせていますが、同世代の中では足が速いです。たまたまかな。

大切な我が子や、孫へのプレゼント、友達の子供へのプレゼントにオススメします。

-子育て
-

Copyright© papa is Fun , 2020 All Rights Reserved.